環境中の物質の成分や、組成を

化学的に検出することを環境化学

分析といいます。

 まず、最初に測定現場での試料

(水、大気、土壌等)の採取を行い

そして試験室での化学分析により

環境試料中の物質の濃度について

測定結果を計量します。


  環境化学分析により得られた

計量結果を証明することを環境

計量証明といいます。

 環境計量証明は計量法で規定

されており、それを行う事業所は

各都道府県への登録が必要です。