1973年の創業以来、既成の枠に囚われない

最先端の分析技術の開発を目指し、積極的に

研究開発事業を行なってきました。

環境分析技術の発展が環境問題の解決に

役立てるよう、これからも一層の技術研鑽を

重ねる努力を続けていきたいと考えています。

(研究発表事例抜粋)

 「写真廃液中のシアン化合物の定量」
  International Congress Analytical Science  
 「自動濃縮二段階分離HPLCによるB(a)Pの定量」
   日本分析化学会 

 「GC-MSによるヒト呼気中アルデヒド定量法に関する研究」
   室内環境学会 


  環境分析試験所として、社会のためにできることを

続けていきたいと考えています。

(主な活動)

・企業での環境関連セミナーの開催

・企業での環境改善会議へのオブザーバー参加

・企業での新人研修における環境教育

・各種法律相談

・一般社団法人日本環境測定分析協会 理事

・一般社団法人埼玉県環境計量協議会 監事

・国立研究開発法人産業総合技術研究所 環境計量特別教習 講師